芝原岳彦の獺祭

一つのテーマについて小説と映画をセットにして語りたいと思います。

パンチラとシビリアン・コントロール

歴史小説で一番面白い分野は「攻城戦モノ」だろう。防戦の目的であらゆる工学的技術を詰め込んだ城塞と、それにまつわる攻守双方の人間心理は小説の題材としてうってつけだ。 防衛側の恐怖、孤立感、味方に対する猜疑心、様々な防御施設。攻撃側の緊張、焦燥…

ペルソナ5と民主主義  -オルテガの視た未来-

ちょうど一年ほど前、私は小説を書いていた。それに飽くと、車に乗って、街中の本屋をさまよった。 ある本屋の中には、小さいながらもCDコーナーがまだ置かれ、その中の、さらに小さなスペースが、家庭用テレビゲーム売り場になっていた。 音楽もテレビゲー…

宮崎駿とスナイパー

映画監督のマイケル・ムーアが、スナイパーは卑怯だ、という趣旨の発言をして物議をかもしたことがある。「アメリカン・スナイパー」を巡る議論のなかでのツイートだ。 卑怯というのは言い過ぎだが、スナイパーは人を殺す時の罪悪感が薄いのは確かだろう。実…

さよなら「新海誠」

明け方に仕事が終わり、家に帰って眠りについた。 目が覚めると昼過ぎで、いつものように本屋とレンタルビデオショップを回った。 どのレンタルビデオショップも経営は苦しいらしく、商品棚を減らしたり、別の商売を始めたりしている。その中で一番大きなス…